読み方についてのアドバイス

この場を借りて、読み方についてのアドバイスをいくつかできたらと思います。

ウィンドウと文字の大きさについて
どのくらいの文字数で行を折り返したらいいのかについては個人差があると思われます。
このブログでは、ウィンドウの大きさに合わせてテキストが折り返されるようになっていますので、新聞のような激しい改行で読みたい場合は、お使いのブラウザのウィンドウの幅を狭めてご覧ください。
逆に、単行本のような長い文字列で読んでいきたい方は、ブラウザのウィンドウ幅を広げてご覧ください。
文字については読みやすい大きさがあるかと思います。ブラウザの文字拡大/縮小ボタンで調節してご覧ください。

続けて読むには
カテゴリーの「執筆」をクリックすると、書いた順番ではじめから一気に読むことができます。こちらでは、小説のみが章順で表示されます。小説のみで楽しみたいときにご活用ください。
「月別で順番に読む」では、月ごとで、書いた順番に記事を読むことができるようになっています。こちらのほうは、「運営ノート」、さまざまなメモや予告編などを、小説本編とあわせて時系列でお楽しみいただけます。ご活用ください。

コメント(感想)について
自由に、気ままに、遠慮なく足跡をつけていってあげてください。
「10点」などだけでもけっこうです。
「荒し」と「関係のない商業活動」以外は、どんなに辛辣な批判も受け入れるつもりです。
書き込みの名前については、思いつかない場合は「影」をお使いください。
もちろん、「吾輩は名無しである」などでも結構です。

トラックバックについて
もしこの小説のワンシーンから、あるいは登場人物からインスピレーションが湧き、自分もふとブログに小説を書いてみたくなったようなときなど、引用したよというしるしにトラックバックしてくださると嬉しいです。
基本的にオリジナルそのままのコピーは違法ですが、なんらかの形で原文が昇華されている限り、引用は許可されています。

文字化け・不具合などありましたら、コメント欄にてお知らせ願えたらと思います。


知名度向上にご協力ください→にほんブログ村 小説ブログへ
2007年10月09日 | Comment(2) | TrackBack(0)

謝辞

このブログ小説を開始するにあたって、以下のサイト・サービス・ソフト・ハード等にお世話になりました。この場を借りて、感謝の意を表したいと思います。

icn_Keynote_128.png
アップル - iWork - Keynote
予告編を作るにあたっては、Keynoteを使用している。
.movファイルに出力するのもこのソフトである。
(アイコンはKeynote'06のもの。現在最新版は'08。)

予告編掲載についてはディグストリームのストリーミングサーバー > 配信講座[QuickTime編]を参考にさせていただいた。

icn_Pages_128.png
予告編1のほうの画像の作成は、Pagesを使用した。
Keynoteと共にiWorkに入っているソフト。

icn_egword_Universal_128.png
製品情報 | エルゴソフト
予告編1などの「画像の書き出し」は、egword Universal2で行った。
各ブログへのリンクアイコンもこれで作成した。

ドロップキャップ効果については、All Aboutのスタイルシートでドロップキャップを作る - [ホームページ作成]All Aboutを参考にさせていただいた。

HTML、スタイルシートの手変更作業については、とほほのWWW入門を参考にさせていただいた。
この優秀な辞書がなければ5倍以上の時間がかかっていたに違いない。

Image
このようなブログを公開させて頂いているSeeSaa様に感謝したい。

また、500kb以上のファイルの無料アップロード&ホストを許してくれているGeocities様にも感謝の意を表したい。

これらのツールを統合し、まとめあげてくれるのは我がMacintosh/iBookG4である。
この優秀な助手には、感謝の意は言わずもがなであろう。

最後に、このブログ小説を読んでくださった、あるいは読んで下さるであろう読者の方々へ。
貴重な時間をありがとう。
知名度向上にご協力ください→にほんブログ村 小説ブログへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。